読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OLの週末野望日記

週末が楽しみでしょうがないOLのライフログ

節目っていうこと

この時期は定期人事異動で送別会とかいろいろあわただしいし、新年度の準備とかめんどくさいし、書類の整理も追いつかないし。となると、あ"ーーΣ(-᷅_-᷄๑)となるんだけど、やっぱり必要な節目なんだなと思う。

 

日本は幸い四季があるから、環境的にも意識がしやすいし、時が移ろいでいくのを楽しんだりはかなく思ったりする。

さらには二十四節気まであるから、私たちは本当に節目という感覚が根ざしてる。

暦で思い、季節で感じる。

 

こういうこと考えてると、この時期のバタバタも、あーもーしょうがないなー!っていう気になってきたから笑える。

 

f:id:larmedouce:20170330143729j:image

 

ココロとアタマ

最近情緒が不安定なワタシ。

いまの私は喜怒哀楽という感情が、どれをとってみても増幅している。

良くも悪くも、振り幅大きすぎて酔いそう。

 

気持ちに余裕があるとき、私はいつも『いい人』でいられる。

でも『いい人』でいられないとき、自己嫌悪にさいなまれながらもそれはそれでホントの自分なんだと思う。

寧ろ、私が『いい人』ばかりでいられない相手は、私にとっては心を許せるひとだったりするのだ。

これは、「心」が感じてることを「頭」に伝えるサインみたいなかんじ。

私は「頭」で考えたことを優先するクセがあって、「心」で感じたことを「頭」にうまく説明することができないと思うことがよくある。「頭」と「心」が別の人格を持っていて、ときどき仲違いしているかんじかな。

私の場合、「心」はいつも言葉では説明しようとしない。イメージとかサインとか視覚的なもので伝えてくる。そして「頭」は目ざとくそれを見つけて、言葉にしようとする。

それってなんか不思議なカンケイ。

 

ま、人間らしくていいんじゃない?

うん、悪くない。

 

よくないことと言えば、ここ何日かやや食べ過ぎなこと。

ということは、今日のアロマはグレープフルーツで決まり。

f:id:larmedouce:20170328220911j:image

ため息の理由

月曜日はツラい。

日曜日の夜中に好きなサッカー番組見てるから、寝るのが遅くなって、月曜の朝にひびく。

でも好きだから見ちゃうし、変える気もさらさらないんだけど。

 

そうだ。週末は『My life without me 』を見た。

邦題は『死ぬまでにしたい10のこと

こういう話だったのかーと思った。

思っていたよりずっとずっと、背景が濃かった。

おかれた環境とどうしてもあらがえないいくつかのこと。

物語を通して描かれる重たい倦怠感。

その中に見出す幸福感とあきらめ。

このすっきりとしないもやもや感がこの映画の深みなんだと思った。

 

それにしても今日はため息がとまらない。

そういう気分なんだから、とまらないものは出しておけ。

ひとつ、またひとつ。

とまらない。

 

そういえば今日はめずらしく朝から甘いものばっかり食べてる。かるくシュガーホリック。

 

こうしてときどきめんどくさいワタシが顔を出す。

ため息の理由は何となくわかってる。

『これもまた人生のいろどりだ』、といまはまだ思えない。

あとで振り返って、今日のことを笑うんだ。

 

さ、今日は早く寝よう。

なんか強制終了みたい。

そんな月曜日。

 

f:id:larmedouce:20170327234732j:image

 

 

 

決めた!

決ーめた!

海外旅行に行く!

行き先はヨーロッパだ!

 

いまの会社に就職してからずっと、無意識に、いや意識的にか?「ヨーロッパ断ち」をしてきた。

「ヨーロッパ断ち」とは?

海外旅行でも、せめて1週間ほどは余裕を持って行きたいヨーロッパへの旅行に、行きたいがぐーーっとガマンしていること。または、その状態。

ワタシ定義なんですけど。

とにかく、僧侶のように自らを律しながら、ヨーロッパ断ちしてました。

 

うちの会社は土日以外で年間26日は休みが取れる、そういう部分ではいたってホワイト企業

だから、休もうと思えば連続する7日間とかの休みが取れなくもない。

でも今までチャレンジしてこなかった。

うちの部署にはそういう休み方をする人がいなかったから。

おい、理由が小さすぎるぞ、自分!

 

でも、やっぱ行きたい気持ちが強くなったから、ひとまず決断。やっと決断。

 

行ってきます。

 

f:id:larmedouce:20170325003428j:image

 

春分の日は☻

3連休♡

デパートなんかもポイントアップとか好きなショップもフェアとかやってるっていうから、春モノの洋服なんかをそろえたいなーʕ•ᴥ•ʔ♡と思ってたんだけどさ。。。

 

久しぶりに『寝食を忘れて』、DVD見て過ごした。

食べることが好きな私のこと、断食なんか絶対にムリだと思ってたけど、結構すんなりで食べなくても全然ストレスない。連休中食べたのは2食で2日目は食べるのを忘れてた。

時間が気にならない。ひとつ約束入れてたから外出したけど、それがなかったら、それこそ一歩も外に出なかったかも。

なんか全然ほめられた過ごし方ではないけど、やってるこっちは楽しかったー☻

先が気になるんだもん、眠くならないんだもん。

寝食を忘れてっていうかんじ、

こういうムチャなかんじ、久しぶり(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

主役の仕事への姿勢、選択、決断の仕方、集中力。

こういうのが自分のなかでピンときてた。

そういう意味でわたしは主演の男優にピントが合っていて、自分の価値観と立体的に重なってみえた。

女性は主演のカワイイ女優さんにピントが合うものなのかなー?自分の恋愛に重ねて。

フツーってなんだかわかんないけどー。

 

f:id:larmedouce:20170322120001j:image 

 

 

ホワイトデーに♡

先日バレンタインデーに女性から思いがけずチョコレートをいただいた☻

せっかくだからささやかだけどホワイトデーにお返しを、ということで仕事帰りにデパートへ。

いつもは女性があふれているスイーツフロアは男性がいっぱい。

いつもとは違う風景になんかいじらしい気がして、にんまりしてしまう☻

しかも、わたしの大好きなJEAN-PAUL Hévinには男性ばっかりがたくさん並んでる。多分1時間弱はかかりそうな人数だ。

こんなふうに並んで買ってきてくれるなんて嬉しいじゃないかーʕ•ᴥ•ʔ

 

わたしは贈り物を選ぶのは好きなほうで、会社でお世話になっている方へのいわゆるバレンタインの義理チョコであっても、何度も下見するし、それは全然苦にならない。

選ぶときに相手の顔を思い浮かべたり、相手の性格とかを考えながら、この人だったらこういうのは喜んでくれるかなーとか、あの人はあれが好きだって言ってたからこれは好きかもなーとか。ラッピングにかけるリボンの色も相手のイメージで選んだり。

結局は思いをそこに持っていくという感覚が好き。

そこから先、相手がどう思うかはもうわたしの問題ではないからどうでもよくなるんだけど。

 

そして今度はホワイトデー。

バレンタインデーのお返しをいただくこちらは感謝だし、とっても嬉しい。

ただおもしろいのは、ホワイトデーに何を選ぶかで、その人という人物とか感覚がこれほどわかることはないってこと。

わたしは選ぶのが好きだから分かることでもあるけど、そもそもこの人は選ぶのが好きなのか、これはほとんど義務感に動かされてるなーとか、この人女性にモテるだろうなーとか、いろいろ。実は今回のホワイトデーにブルーのハンカチを贈ってくださった方がいて、なるほど、その方にとってわたしはブルーのイメージがあるんだなと逆に新鮮に感じちゃった!

バレンタインデーとホワイトデー。日本ではほとんど国民的行事になってる。だからこそいろいろわかっちゃう。みんながやるから。選択肢がたくさんあるから。

ホントはどんな人かまだよく分からない、そういう間柄であるほど相手のことが見えてくるんだからふしぎー!

 

f:id:larmedouce:20170316010150j:image

 

 

 

 

 

時間がない?

30代は時間がない。

これ「東京タラレバ娘」でも言ってた。

わかるなー、わかる。

 

いろんなことをまあまあそこそこ経験をしてきて、生きることにだんだん勘を使うようになって、居心地の悪さを極端に嫌うようになった。

もちろんちっとも悪いことじゃない。

ただ、居心地の悪さについては少し気になる。

 

居心地の悪さは思いを抑圧したり無理をしているときにも感じるけど、もうひとつ、新しいことに挑戦するときにも感じる。

居心地の悪さという同じ感情をもたらしたとしても、その感情を経て行きつく事柄は全く違う。

 

居心地の悪さを極端に嫌って避けた結果、新しいことにチャレンジできなくなってないか。

そこがとても気になる。

 

f:id:larmedouce:20170312214525j:image